風俗店の店長は、1人3000万円で育つ!優秀な人材を捨てたくないから好待遇を用意します。

1

スタイルグループ人事部の山本です。

以前に、こんな記事を書きました。
「風俗店経営は、男性スタッフが全て!ダメなら死亡です!だから、高収入なんです!」

そのなかで、「店長を1人育てるまでに、最低でも2,000万円~3,000万円!」と書きました。

今回の記事は、この事を少し掘り下げて説明したいと思います。

スタイルグループは、デリヘル事業を展開している風俗ベンチャー企業です。当社では、店長クラスの人材がお店を辞めることは高級車1台捨てるのと同じ扱いです。
 

結果の出せる人材は、希少価値が高い!

デリヘルという職業では、

一通り業務が出来る社員 

1ヶ月~3ヶ月で育ちます。(早くて、2週間の場合も。)

マネージャーが出来る社員

3ヶ月~6ヶ月で育ちます。

それなりの結果を出せるマネージャー 

6ヶ月~10ヶ月で育ちます。

マネジメントもスタッフ教育もそれなりに出来る社員

10ヶ月~1年半で育ちます。

ぼちぼち結果の出せる店長

1年半~2年で育ちます。

継続して結果の出せる店長

2年~3年で育ちます。

ざっくりとイメージを持って頂けたらと思います。(もちろん個人差はあります)

結果を度外視すれば、デリヘル業は誰でも出来ます。とってもカンタンです。コンビニよりもカンタンで楽と言われる職業ですから、平均2ヶ月くらいで文句を言われずに働けるようになります。

ただし!ここで条件が付きます。

「継続して結果の出せる」という条件が加わると、どうしても経験と時間が必要になってきます。

毎月、一定の売上を出せる店長は、部下である男性スタッフを教育し、お客様からリピートされる接客術を女の子に指導し、ネットを使った販促活動を考えたりと全てにおいて一定の成果が求められます。

もちろん、慣れてきてコツさえ掴めば言うほど大変ではありませんが、そんな店長が育つには2年~3年の時間が一般的には必要になってきます。

経営者からすれば、自分が動かなくても毎月安定して売上を作ってくれる店長の存在は、ある意味で土下座をしてでもお願いしたくなる存在です。

しかしながら、この業界・・人材がビックリするくらい定着しません(笑)「入れ替わりが激しい」「連絡が取れなくなる」なんて話はよくある話ですね。

まず、風俗業界で1年間働けた経験はある意味で価値があるかもしれません。

2年働けば更に価値があります。 3年働けば「信頼」に繋がります。

それにプラスして、継続して結果が出せるという要素が加われば非常に「希少価値の高い」人材として経営者からは必要とされます。

私、山本も一部の風俗店の事情しか知りませんが、20人が入社して、そのうちの3人が半年もつ。このくらいの定着率です。

そうなっている理由として、こちらの記事に書いてあるように「風俗店の男性高収入の求人って、嘘の情報ばかり・・・・」不真面目な体質のせいで、「話が違う!!」となったりする事も辞める理由としては少なくありません。

高級車をスクラップにする感覚に近いのが、店長の退店・・・

2
多くの風俗店で、店長基本給は50万円~です。

これに、業績歩合がプラスされます。(罰金なんかが存在するお店もあるので、一括りには出来ませんが・・・)

不真面目じゃないそれなりの風俗店での店長を育てるまでのコストをざっくりと考えてみます。

まず1年目です。

どこも基本30万円スタートが相場です。
3ヶ月で1人前になって、給与が35万円になり1年経過したとします。

(30万円×3ヶ月分)+(35万円)×9ヶ月分= 405万円。
社会保障費用の14.6%を加算して、 405万円×1.146 =464万円(1年目)

次に2年目です。

それなりに仕事が出来るようになりマネージャーになりました。
基本給40万円になりました。

【40万円×12ヶ月分】×1.146 = 550万円(2年目)

次に3年目です。

店長まであと一歩。基本給45万円になりました。

【45万円×12ヶ月分】×1.146 = 618万円(3年目)

合計してみましょう。

464万円+550万円+618万円=1,632万円

(※ざっくり計算ですので、業績手当、交通費、寮費手当、その他の諸手当は除外しています。)

それにしても結構な金額になりますね。普通に高級車1台買えてしまいます。

3年でスペシャリストになるのは業界的には早い方です。通常は4年~5年かかると思っておいた方が良いかもしれません。

そう考えると1人あたり3000万円ほどのコストがかかります。(業績手当なども含めての計算)

※ちなみに、それなりの繁盛店でないとこの待遇にはなりません。店長職じゃない男性スタッフが年収1000万円を超えることは一部の風俗店以外ではありません。人が定着しない事で有名な風俗業界がその事を証明しています。

希少価値が高くてコストもかかる・・・という事は?

世界に10台しか存在しない高級車を所持していたら、普通に考えて手放したくないですよね?

風俗店の店長も同じです。

風俗店の店長職は経営者からしたらある意味で高級品です。

しかも希少価値がとっても高い。

スタイルグループでもそうですが、ここ近年会社の労働環境がどんどん良くなってきています。

実際、統括は週2回しか会社に来ていません(笑)

スタイルグループは結果主義だからこそ、それ以外を求めようとしません。

早い話が、「結果出てるんだから好きにやっていいよ!ばっちり報酬も渡すし、今の調子でよろしく頼むね♪」

という事です。

そしてそして、、不思議なものです。ある意味必然かもしれませんが。

元々、高収入を目指す男性というのは欲が強いです。私もそうでしたが、遊ぶ時間が出来て→実際に遊んでみるとお金が足りないんです。年収1000万円で出来る範囲の遊びをしてもその世界にはもっとお金持ちがたくさんいます。

あまり優越感には浸れませんでした。高いモノを買うとその金額は自分の財布から消えます。消えたらまた稼がないといけませんが、次はもっと良いモノを買いたくなるんです。

それで今は人事部に所属し、会社をもっと成長させるべく毎日応募や面接をしています。風俗業界で最も優秀な人材が集まる会社にするべく邁進しています。

・・・話が逸れましたが、
「スタイルグループの待遇は破格です!!」という事が伝われば幸いです。

こちらの記事を読んで頂き、「年収1000万円の仕事で最も楽な仕事って風俗店長以外に考えられますか?」

是非ともスタイルグループへの入社を決意してください。