デリヘルとコンビニ店の仕事内容を比較してみました。

コンビニとデリヘル
今回の記事では、デリヘルとコンビニ店での仕事内容を比較してみます。

■コンビニの仕事内容について

日本に住んでいてコンビニを利用したことのない人は、いないでしょうから、ある程度のイメージは出来ると思います。

「レジ打ち」「品出し」の2つがメイン業務になりますが、少し細かく見ていくと案外たくさんあるんです。

・レジ打ち
・品出し
・宅急便、メール便
・公共料金の代行収納、携帯電話料金の代行収納
・ATM機の取り扱い
・コピー機の取り扱い
・切手、収入印紙の販売
・おでんの仕込み
・中華まん等のファーストフード調理
・賞味期限チェック作業
・店内清掃
・ファーストフード調理器具の清掃
・発注業務
・年賀状印刷
・バイク自賠責保険加入
・チケット発券
・ギフト予約
・クリーニング取次ぎ

最近のコンビニは、「行けばなんでも出来る」その反面、色んな業務をこなさないといけません

店内清掃や品出しなどは、レジ打ちの”合間”に行います。お客さんと接するレジ打ちが最優先の業務になりますので、その他の仕事は、レジ打ちをしている時以外に全てこなしてきます。

品出しや清掃をしている最中に常にレジ周辺にお客さんがいないかを気を配りながらする為、案外カンタンな様で気づかれするお仕事かもしれません。

品出しや清掃をしている最中にしょっちゅうレジ前に呼ばれるコンビニ店員さんはよく目にする光景ではないでしょうか。

■デリヘルの仕事内容について


デリヘルの仕事内容は、大きく4つです。
「電話対応」「WEB更新作業」「ドライバー配車指示」「女の子管理」になります。

・デリヘルの電話対応
→お店にかかってきた電話に出ます。 → お客さんの要望を確認して →案内する女の子を決めます。
・デリヘルのWEB更新作業
→各、営業媒体のシフト情報を更新します。また、割引などのメルマガの文章を作成します。
・デリヘルのドライバー配車指示
→○時に、吉祥寺で女の子を迎えに行き、その後 新宿の○○まで行って下さい。 この様な指示を電話でドライバーさんに指示します。
・デリヘルの女の子管理
→来週の出勤予定を確認したり、女の子の悩みを聞いてあげたり、元気のない女の子を励ますためにご飯に連れて行ったりします。
※(女の子の私物をどこかに買いに行ったりする業務はありません。)

コンビニのレジ打ちと同じように、デリヘルでは電話対応が1番優先するべき仕事内容になります。

WEB更新作業、女の子管理の仕事は電話対応の合間にこなす形になります。

電話対応ですが、1日に200人前後のお客さんから電話がかかって来ます。

当社は、10時~05時が営業時間になりますので1時間に10人前後のお客さんから電話があります。1時間 → 10人。これを、7人前後のスタッフで振り分けて対応します。1人のお客さんとの電話対応時間は、平均で3分~7分前後になります。多い時は1時間で、2人~3人対応します。少ない時は、0人~1人対応します。

どんな電話対応をするのかはこちらの記事に詳しく書いてあります>>

コンビニと同じく、勤務はシフト制になっています。労働時間は、12時間前後になりますがその仕事内容は比較的”ゆとり”のある形になっています。

仕事中に邪魔が入らず、それぞれの業務にじっくり集中して取り掛かる事が出来ますので、自分自身のスキルアップに繋がりやすい環境です。

当社では、こういった時間を利用してパソコンスキルの向上に務める社員が大勢います。

まったくパソコンを使えない男性スタッフでも、合間の時間を使って、タイピングスキルを磨いたり、キャンペーン用のバナーをフォトショップを使って制作したりと、ITの知識はどんどん身についていきます。

 

■それぞれの特徴

それぞれの仕事内容の特徴をまとめてみました。

■コンビニの特徴

仕事の内訳はレジ打ちが、7割。 商品の陳列等の雑務が、3割。
常にレジ周辺に気を配らなければいけないので案外大変。
都内の場合は、時給900円~1300円が相場。

■デリヘルの特徴

完全にオフィスワーク。
仕事の内訳は、電話対応が、5割。Web更新作業が、3割。女の子の管理が、2割。
労働時間は、12時間前後。
給与は、30万円スタート。
電話対応は、7名以上のスタッフで分担。
仕事を通じて、ITの知識がどんどん身につく。

いかがでしょうか?

今のコンビニは昔と比べて結構大変な仕事になってきています。

コンビニでずっと働く(店長以上を目指す)のも1つの選択肢ですし、風俗業界で働くのも1つの選択肢です。 

また、コンビニの場合は競合が多く差別化が図りづらい&単価が安いので労力の割に売上がたちずらい業種でもあります。その分自分のお給料へ還元される割合が大きく変わってきてしまいます。

スタイルグループでは、自分自身のスキルアップの為に、じっくり集中して仕事をしたい男性を募集中です。皆様からのご応募心よりお待ちしております。