デリヘル面接で採用されるためのコツ

デリヘル面接で採用されるためのコツ

今回は、デリヘル店で採用されやすい電話面接のコツををお伝えします。

まず、デリヘルという仕事はお客様にお会いすることがありません。電話のやり取りで全て完結します。

基本オフィスワークで、対面接客が苦手という人でも安心して始められる仕事です。デリヘルと似た風俗系の仕事だと、メンズエステも同様です。電話メインのお店はどこでも重視している部分です。難しいことは1つもありません。

大事なことは3つ
  • 声のトーン
  • 声の大きさ
  • 言葉遣い

声のトーン

楽しい気分の時、疲れてきって1日の終わりの時、イライラしている時など。 相手の感情や状態によって何となく今どんな状態なのかは分ったりしますよね。 家族や友達・恋人との会話などを思い出してみてください。 特に怒っている時には「自分は怒っているんだぞ」ということを、意識的・無意識にでも声のトーンに表れる人はとても多いですよね。

トーンとは、高低の事です。歌うときの高い声、低い声のイメージです。地声は人によって違いますが、一般的には地声のままで会話をすると相手に好印象は与えにくい場合が多いですね。”ちょっと~少し高め”を意識するのが理想と言われています。

声の大きさ

  • 声の大きい人は自信があるように印象付けられる。
  • 声の小さい人は自信がないように印象付けられる。

これがわかりやすい例でしょうか。

大きな声でハキハキと。こう聞くと小学生レベルの内容に思えて真面目に受け止めにくいかもしれませんが、意外と重要なんです。 職業柄、普段から声の大きさを意識する機会がある人の方が少ないと思います。いざ面接の場面になると誰でも緊張するものですから、無意識のうちに普段よりも小さい声になってしまうなんてこともよくあることです。

テレビなどで、街頭インタビューを受けている一般人と、その一般人にマイクを向けている芸能人やタレントを思い浮かべてみてください。 一般人はなんとなく声が小さくてトーンも低いと思ったことはないでしょうか。それか芸能人がステージで話している様子と、楽屋で話している様子などもいい例だと思います。

声の大きさは意識しているレベルで初めて暗くない。という印象になることが多いという事です。

言葉遣い

ここは敬語・丁寧語の話です。

こちらも小学生レベルの内容に思えてスルーされてしまいそうですが、気が緩んで崩れてしまう人も少なくありません。 面接の最初からタメ語の人はそういませんが、面接が続き職歴を続けて話していたり、面接の後半で少し雑談するころになると崩れてしまう場合もあります。特に語尾です。「1社目は●●でホールスタッフをしていました。2社目は●●で●●のマネージャーに。アルバイトのシフト管理っすね」など、こんな事もありえます。

店舗型との仕事の違い

店舗型の風俗店は対面でお客様対応をします。

  • 表情
  • 顔色
  • 身振り手振り
  • 本人の雰囲気や印象

声のトーン、声の大きさ、言葉遣いに、これらが追加されます。デリヘルでは「声のトーン、声の大きさ、言葉遣い」の3つです。

店舗型の場合は、声のトーンが低く、少しくらいボソボソしていたとしても、表情や顔色の他に全体の印象が良ければ気にならない場合もあります。 全体のトータルで印象付けされるため、何か1~2つが微妙だったとしても問題ない場合もあるという事です。

デリヘルの場合は、表情や顔色・雰囲気などがどうしても伝わりません。電話メインのためこれは仕方ないのですが、その分仕事中は「声のトーン、声の大きさ、言葉遣い」を意識する必要があります。

意識といっても難しいことな何もなく、「ちょっと~少し」だけの意識でいいんです。この少しだけの意識だけでも相手の印象が大きく違ってきます。

業種はなんでも構いませんので、コールセンターで対応してくれる人を思い浮かべてみてください。コールセンターが理想です。経験がない人は、一度適当な理由を作って問い合わせをして対応を経験してみることをお勧めします。