早番・遅番どちらで働けばいいか

 

早番・遅番どちらで働けばいいか

これから風俗店で働くつもりの方へ。早番・遅番どちらで働くかは決めていますか?

風俗店で勤務する時(採用が決まった時)にはどちらを希望するのかを大体聞かれます。今のお店のシフトの状態でどちらか片方でないとダメな場合(枠がない)もありますが、本人の希望で働ける場合と両方あります。どっちで働いても問題ないけどなんとなくどちらかで決めるのではなく、それぞれの良い部分、悪い部分をしっかり把握してから決めたいものです。自分にとって良いのはどちらなのか。それぞれの良い部分と悪い部分などを考えたうえで、選べる場合は自分によってメリットが多い方を選びたいものです。

早番・遅番の良い部分と悪い部分

早番とは、昼間のシフトで勤務すること
遅番とは、夜間のシフトで勤務すること

デリヘルの場合はお昼頃から営業開始するところが多く開店準備を考慮して09時~11時から出勤するお店が多いです。(スタイルグループの場合は09時頃から出勤)

遅番は、お店の営業が営業が終了する05時後の締め作業まで考慮して06~08時頃までの勤務が多く、出勤は20時頃~22頃から。遅番も早番も風俗店勤務は12時間勤務が一般的ですが、近頃は10時間前後で勤務可能なお店も少しづつ増えてきました。

また店舗型風俗店の場合はソープ・箱ヘル・ホテヘル・ピンサロなどがあります。店舗型のお店は法律で24時までになっており、遅番は遅くても終電までには帰れます。
早番は12時ごろにオープンするお店もあればソープの日の出営業のように朝6時から営業の所も。始発で出勤して夕方には退勤する流れになります。

早番の良い所

早番の一番のメリットは、朝に起きて夜に寝れるという一般の生活ができる点です。子供のころから誰もがこの生活サイクルで育ってきていますので人間にとっての標準サイクルです。しっかりした睡眠を取れる事から健康的に良いのはもちろん、精神衛生上こちらの生活リズムが一番なのは言うまでもいありません。

また、早番であれば家族や友人との時間を大切にすることができます。夕方に退勤してから、家族と買い物に行ったり、友人の飲みに出かけたり、恋人がいればデートなどにも時間を使うことができるでしょう。

早番の悪い所

デメリットと言える点は3つです。

①基本給と歩合給

お店次第にはなりますが、早番の方が若干基本給が低めに設定されているお店もあります。遅番が30万なら早番は27-28万といった具合です。

また売上を昼の部と夜の部で分けて計算をしているお店もあり、それぞれで目標売上が設定されていいる場合も。無店舗型のデリヘルなら昼よりも夜の方が集客数が増えますがそれは加味されています。目標売上を超えた時の上振れ幅も昼よりも夜の方が伸びる余地があります。これは昼間よりも夜に働く女性が多いためどちらかと言えば夜の方がお給料がやや高い傾向になります。

※あくまでお店次第ですが、こういった所もあります。逆に早番と遅番でほとんど差がない所もあります。

②成長度

まずは数。既に説明したように遅番の方が集客数自体が多いため、それだけ遅番の方が業務を経験できます。働く女性人数も多いお店の方が多いので女性マネジメントの面でもより多くの女性と接する機会があります。入社して早く仕事を覚えて成長するという点なら遅番の方が成長機会が多いといえます。

また、遅番の場合は昼間よりも客層も若干変わってきます。お酒が入っているお客さんの対応を経験できる点、その他ではトラブルが発生するのも不思議と遅番の方が多いのも特徴です。(デリヘルなら、本番強要や盗撮などのトラブルは大体深夜帯に発生します)

ゆったり仕事を覚えたい方にとってはデメリットではありませんが、仕事を早く覚えて出世したい方にとっては早番よりも遅番の方が成長機会が多いです。

③通勤ラッシュ

朝の通勤ラッシュのストレスがあります。

夕方以降に帰れるメリットを考えたら仕方ありませんが、都内の通勤ラッシュのストレスは相当なもので、出来ることなら電車でもみくちゃにされるのは避けたい所。朝だけではなく夕方帰宅する時間帯も電車なら混在していますので、一応のデメリットではあります。

遅番の良い所

上で説明したように1番は給与面が早番よりも若干高くなる傾向がある点。次にデリヘルなどでは夜の方が集客数が伸びるため、早番よりも業務経験が積めて成長スピードが違う点です。また、早番が通勤ラッシュに通勤するのとは逆に遅番の場合は、混雑する時間帯を避けて出退勤ができて通勤のストレスを最小限に抑えることができます。

遅番の悪い所

一番は生活サイクルが昼夜逆転してしまう点です。ずっと昼間の生活をしていた方は慣れるまで時間がかかるでしょうし、慣れてからも昼間に熟睡するにはいくつか工夫も必要になります。住んでいるエリアによっては道路を走る車の騒音であったり近所でなにかしらの工事がされていればその騒音も睡眠を妨げる原因になります。その他では郵便物の受け取りで時間指定できない場合は(割とある)昼間にピンポンを抑えれ起こされることだってあります。

だらしない生活を助長する(かもしれない)結局はその人次第ですが、夜の生活というのは色々とリズムを崩してしまう原因になりえます。

生活サイクルが不規則になりやすい事に加えて、例えばデリヘルの場合だとオフィスワークが中心で仕事で体力を使うという事があまりありません。日ごろから食事などに気を付けていないと肥満になりやすい職場です。

どちらがいいかはその人次第

良い部分、悪い部分(と思われる)を説明しましたがいかがでしょうか。

最近ではライフワークバランスを重視する方も増えており、そういった面からは早番の方がいいでしょう。

稼ぎ・成長・出世を重視するなら遅番という選択になります。

また早番か遅番なのかはお店の人数配置次第ですので、最初は遅番スタートでも早番の人数によっては切替が可能なお店がほとんどです。採用されて入社したタイミングでは希望とは逆だったとしても配置変更時に希望の方へ変更は可能です。

風俗店に転職する時は、この辺りは事前に決めておいてから転職活動をすると採用されてからスムーズです。