日本一真面目な風俗求人グループが運営する求人ブログです。

スタイルグループ男子求人ブログ

スタイルグループ男子求人ブログ

風俗店員によくある事。「電マを洗う時が、最初に辞めたくなる時です」

   

電マで退職
人事部の山本です。

タイトルで言い切ってしまいましたが、ネタ記事ではありません。

とても真面目ですし、これから風俗店で働く男性には重要な事です。

過去のブログでも書いていますが、この業界では入社3日以内に退社するのは当たり前。正式に退社という形になればまだ良い方だと思います。

風俗店を辞める理由は、色々とあると思いますが間違いなく退社理由の1つとして挙げられるのが電マを洗う時です。

これからどこかの風俗店で働こうとしている男性へ。

これから
「電マを1週間くらい洗い続けると、急激に気持ちが落ちます。

これ本当です。

実際、私も電マを初めて洗った時は気持ちが落ちました(^_^;)
洗面所で1人ひっそりとため息をつきます。

「何やってるんだろう俺は・・・」

こう思います。

何やってるんだろう → よし!辞めよう。

と本当に辞める人は、必ずどこかで辞める事になりますので、ある意味登竜門というかフィルターの役割をしていると思います。

恐らくですが、仕事に対して理想を強く持っていたり、自分自身に対して理想を強く持っている男性はこうなるんじゃないかと考えています。

・俺にはもっとピッタリの仕事がある!
・俺にはこんな底辺みたいな仕事は似合わない!
・この俺が、毎日電マを洗うなんて堪えられない!

私から見て電マを理由に辞める人間はこういった印象です。
(※実際に電マを洗うのは、新人の時だけです。)

「俺には」「この俺には」「俺様には」

今この記事を見ている男性で、これに当てはまると思った方は、風俗業界で働かない方がいいと思います。
きっと時間の無駄になりますし、自分自身のプライドも傷付きます。

これからどこかの風俗店で働こうと考えている男性は、

最低でも20回くらいは「電マを洗っている自分をイメージして下さい。」

最後にもう一度言いますが、ネタ記事ではありませんよ。

私は、とても真面目に「電マと退職理由」について書いています。

 - 風俗店で働くこと

  関連記事

高収入な風俗店(デリヘル)で、男性が働くデメリット。

風俗店で働けば、高収入はしっかりと掴めます。 「本気で稼ぎたい!とにかく高収入を掴みたい!短期間で出世したい!」 そんな男性からすると風俗店 …

風俗店経営は、男性スタッフが全て!ダメなら死亡です!だから、高収入なんです!

  全ての原因は、男性スタッフに帰結します。 なぜ、売上が上がったのか? なぜ、売上が下がったのか? なぜ、繁盛店になれたのか? …

○ーエンスの待遇と、風俗店(デリヘル)の男子スタッフの待遇を比較してみました。「高収入求人にはワケがあります!」

  みなさま、○ーエンスという会社をご存知でしょうか? ・30代年収が高い会社ランキング:1位 1,292万円(2014年) ・40代年収が …

デリヘルで男子スタッフはどんな仕事をするのか? ~日本一詳しく解説します~

デリヘル(デリバリーヘルス)店で、男子スタッフはどんな仕事をしているのか? ”お客様にどんな事を言われ”  ”実際に”デリヘル(風俗店)のス …

風俗店チェックシートで後悔のない就職活動をして下さい。

風俗業界で働こうとする全ての男性へ向けて、「風俗店チェックシート」を作成しました。 こちらからダウンロード出来ます↓ 「風俗店チェックシート …

就職先の風俗店を探すときは、雑誌も参考資料の1つです。

↑この2つの雑誌。 左が、シティヘブン首都圏版 右が、日本全国デリバリー図鑑 両方共、日本一の風俗サイト「ヘブンネット」が発行している雑誌で …

転職男子必見!デリヘルは、10年後も存在する仕事なのか?

22世紀はロボット社会になる?! ここ最近、人工知能の話題が色々なところから出てますね。IBMのワトソンや、Microsoftのコルタナ。日 …

口下手な男性は、一度風俗店で働いたほうが良い!高収入以上に得るものがあります。

風俗店をいきなりオススメする理由は、単純に女の子と話す機会が圧倒的に多いから。 これに尽きます。 キャバクラも女の子を管理する仕事だけれど、 …

男性は風俗店で働くことで、高収入を掴み婚活ボーダーラインを超えることが出来ます。

こちらの記事に書いていますが↓↓ 「男性が結婚できる年収条件は、300万円未満かどうかが大きな分岐点(10人に1人以下)」との事です。情報元 …

男性が、風俗店で夢を実現するという選択肢

これはもちろん仕事の話しです。 「男性が自身の夢を風俗店で、働きながら実現するという選択肢。」 今回は、これについて考えたいと思います。(※ …