35歳からの仕事は転職なら風俗業がおすすめ

35歳からの転職。

この年齢くらいから世間的には選択肢が狭くなりやや難しくなる頃合いです。

また、35歳前後から体力的な変化を感じ始める方も多く、仕事を選択するうえで

一般でよく言われている35歳の壁

35歳を区切りに転職が難しくなる理由はなぜなのか。

大きな企業ではピラミッド型の階層があり、40歳を過ぎて管理職などの役職につき出世ルートをそのまま上がっていく組とそうでない組に分かれます。100名入社したならわずか一部は上へ行き、その他大勢は出向や転職を促されていきます。35代後半から~40再でこの選別がより厳しくなり、40歳を超えるころにはもうほとんどの戦いは終わっている状態。昔は多くの会社がこのシステムで、今もなお大きい所では同じような体質です。

35歳という年齢はこの時点で、ある程度その会社での将来が見えてしまう頃合いです。また、35歳から転職しようにも転職先の企業でも同様にピラミッド型の階層が存在しており、10年以上もそこで働いてきた人達に対抗できるだけの能力などがないと中々採用されるもの難しいという現実があります。35歳を区切りに、今までいた会社では将来が見えてくると同時に、他の会社でも採用が中々難しくなるという事です。

35歳という年齢は自分だけの問題だけではなく家族の事情なども考慮して、出来るだけ給与を下げないようにその他の条件なども考慮しないといけない人が多く、この点も難しい部分になります。

風俗業界には35歳の区切りはありません。

→風俗業界は35歳以上でも20代と同様の基準で選考されます。

一般業種では途端に難易度が上がってしまう35歳の区切りでも心配不要です。35歳でも40歳でも45歳以上でも、もちろん50歳以上でも実際に現場で活躍している方がいます。今まで仕事で培ってきた経験や知識、コミュニケーション能力などの能力がある方でも一般業種では年齢が理由で選考にすらならなかった方は多数いるはずです。風俗業界ではしっかりと1人の求職者として選考されますので多くの方が面接の場で経歴などをアピールする機会があります。

近年は40代以上の採用枠が見直されている

以前は、そのお店で長年働き40代以上になってしまった場合を除き、風俗店でも若いスタッフを中心に採用するお店が多かったのですが、近年は傾向が変わってきており、40代以上のスタッフも増えてきました。

理由としては

1.年齢が高いスタッフの方が総合力が高い

一般常識や仕事への姿勢からコミュニケーションなど、やはり人生経験を重ねているだけあって総合力が高い方が多いです。また、人妻店を運営するところでは20代前半の若いスタッフよりはより年齢の高い方が在籍女性とのコミュニケーションが何かとスムーズにいくという事も少なくありません。

2.仕事を覚えた後に、部下の教育がスムーズにいく場合が多い

風俗店では同じお店に20代~40代以上まで幅広い年齢のスタッフがいることが多いです。出世できるかどうかは実力主義なのですが、実際に出世した後に部下を教育する場面では年齢や今までの経験に差が出てしまう事も。

35歳以上の方は1点だけ注意点があります

説明したように近年は年齢が高くても歓迎されるお店が増えており、今までの仕事経験が豊富というのはそれだけでも十分魅力的です。

ただ1点だけ年齢が高い方に共通する注意点があります。

風俗業をゼロから学ぶ姿勢

これは実際に35歳以上の方を多く見てきて分かった傾向ですが、今までの経験に固執してしまう方も少なくありません。

例えばですが、

・前の会社では〇〇〇だった。だからこうした方がいい。
・これはこういうものだから、こっちの方がいい。

これが一通り業務を覚えた後であれば問題ないと思いますが、入社初日~1週間などまだ覚えている途中では、控えた方が無難です。

最優先はお店の仕事を一通り覚えて出来るようにする。その後に、過去の経験や知識からお店をもっと良くするために〇〇の方がいいなど提案をした方が歓迎されるでしょう。風俗店での出世は実力主義のお店が多く、例えば前職は大手企業で管理職をしており何十人以上もマネジメント経験があるから等という場合でも現場での仕事ができるかどうかが優先されます。これは年齢や経験は考慮されず仕事ができるか、できないかです。

※入社前に幹部採用されている場合は少し別ですが、幹部採用されていても実際に現場で仕事ができない人も少なくありませんので、テストの様な形で一定期間仕事ぶりを見られます。 一般業種のマネジメントと違い風俗店ではあまり仕事に前向きでない女性も少なくなく、そういった女性達を仕事に向かわせるコミュニケーションが必要になります。経歴が素晴らしくても人によっては壁にぶつかる部分ですので、どこのお店でもこの部分はしっかり見られます。

デリヘルはオフィスワーク

35歳以上から風俗業へ転職する場合にまず2つ選択肢があります。

店舗型なのか無店舗型なのか。

店舗型は、ソープやファッションヘルスなど実際に店舗が存在するお店です。

無店舗型は、デリヘルなど実際の店舗は存在しません。マンションの一室や雑居ビルのワンフロアに事務所がありそこで電話受付をして同じ場所に女性が待機しています。事務所からラブホテルや自宅へ女性を派遣します。

デリヘルなどの無店舗型はオフィスワークが中心でお客様との対面はありません。店舗型はお客様と対面で接客をして、プレイ用の個室などの清掃があります。

大きな違いはこのあたりです。

好みの問題ですが、オフィスワーク中心の仕事ならデリヘルがおススメです。体を少しは動かしていたいなら、店舗型の方がいいでしょう。また、ソープはデリヘルなどと比較して初任給が5万程高いのが相場です。寮完備のとこも多く短期間でガッツリお金を作るなら手っ取り早いと思います。

ただ、ソープなどの店舗型のお店は現在は法律の問題で新規に店舗をOPEN出来ません。既存のお店を買い取るかなどしないと店舗展開ができません。風俗業で長く働き店長以上を目指している方はデリヘルなどの方が更に上の報酬を目指しやすいです。