【業界知識】セクキャバとピンサロの違い。

セクキャバとピンサロ。

両方行ったことがない方は、なんとなく似ている?と感じる業種です。

セクキャバは抜きナシ。お触りは上半身のみOK。
ピンサロはは抜きアリ。お触りはOK。
セクキャバはキャバクラの延長で少しエッチな事が出来るけど抜きナシ。
ピンサロはは抜きアリ。接客スタイルがキャバクラに似ています。

主な違いは以上です。

働くスタッフの仕事内容にも大きな違いはありません。お給料水準も似たような相場です。

セクキャバはこんな所

セクキャバは別名おっパブとも呼ばれます。言い方が違うだけで中身は一緒です。

お客様の席に女性がついてお酒と会話を楽しむ所まではキャバクラと同じですが、セクキャバでは+α「キス・上半身のお触り・お尻のお触り」が出来ます。キャバクラのドレスよりも露出度の高いセクシーな衣装(ナース・バニーガールなど)を着て見た目も楽しませてくれます。

抜きはナシ。

女性が太ももをタッチすることはあってもそれ以上はないので、お客さん側は服を脱ぎません。女性側も服は基本脱ぎません。

基本のセットタイムは40分

40分5,000円~7,000円ほどが相場。
40分の間に、女性が3名~4名入れ替わりで接客してくれます。

店内はキャバクラよりも狭く、客席と客席の距離も近いのが特徴です。

セット時間毎のショータイムがある

40分セットのお店なら40分おきに開催されるショータイム。照明やBGMが変わり3分~5分ほど店員さんがマイクパフォーマンス。この時間だけ女性へのお触り自由というもの。

オールタイムお触りOKのお店もあれば、ショータイムのみお触りOKのお店もあります。お店次第で若干システムが違います。

ピンサロはこんな所

ピンサロは性風俗のお店になりますので、性的サービスがメインです。

フェラチオと手コキで抜いてくれます。

  1. 女性が席について挨拶→雑談は5分ほど
  2. イチャイチャやキス開始
  3. 女性が男性のズボンを脱がして、おしぼりで男性器を拭く
  4. フェラチオや手コキで抜く

店内はキャバクラやセクキャバの様にオープンな席ではなく半個室が基本です。席と席同士は近く他のお客がキスしているのは見えますが、局部をサービスされている所は見えないようになっている程度です。

お客様の席に女性がついてお酒と会話を楽しむ所までは一緒ですが、会話は5分ほど。女性の服装はキャミソールや下着などごく薄いものが多く接客中に脱いだりもしてくれます。ディープキス・お触りはOKで、フェラチオや手コキ以外に希望すれば素股をしてくれる女性もいます。

基本のセットタイムは30分。30分5,000円~7,000円ほどが相場。

・マンツーマン接客

30分間、同じ女性が接客します。

・花びら接客

30分の内、前半の15分と後半の15分で別の子が接客してくれます。(お店によっては30分で3人接客もあります)

スタッフの仕事の違い

受付業務

お店の利用方法や料金システムの説明。前金制のピンサロは受付で支払いの受付。

 

ホール業務

お客様を席に案内。ドリンクなどの注文受付をして席まで運ぶ業務。店内を見回り、お客さんが女性にルール外のサービスを要求またはしていないかの確認

 

雑務

おしぼりの用意、店内清掃、洗濯や備品のなどの買い出しなど、運営に必要な雑務全般。

 

マイクパフォーマンス

基本業務に慣れてきたらマイクパフォーマンスの業務も任せられるようになります。セクキャバとピンサロの両方で必要になる業務です。

 

女性のケア・マネジメント

店長または店長近くのポジションに行くと任せられるのがマネジメント業務です。出勤シフトの管理から、日々の仕事の悩みやアドバイス、もっと指名が取れるようになるにはどうすればいいかなどの接客指導。ホール業務から清掃や雑務。

そして女性を扱う仕事特有のマネジメント業務。することはほとんど同じで両方に大きな違いはありません。

スタッフの給与

初任給25万~30万スタートが相場です。キャバクラや風俗と同様に給与は高めに設定されています。

セクキャバとピンサロ比較で初任給に差はありません。店長になると給与40万~50万+売上歩合という給与体系になるお店が多く、このあたりも風俗などと同様です。 

店長になれば年収600万以上が現実的に見えてきます。ここから年収1000万円を目指せるかどうかは、お店自体の売上次第ですが、そう簡単ではありません。

より上を目指す場合は個人店よりも大手グループで複数店舗を統括する立ち位置までいけばより可能性は高くなります。