年収1000万稼げる職業で最も難易度が低い仕事。それが風俗業

 

年収1000万稼げる職業で最も難易度が低い仕事。それが風俗業
ポイント
  • 風俗は年収1000万稼げる職業
  • 他の職業よりも難易度が低い
  • ただ、稼げるのは全国の5%以下

毎月84万以上で年収1000万。風俗業、特に風俗店長クラスになると年収1000万稼げるようになります。ただ、実際に年収1000万を超えられるのは全体の5%以下、100店舗デリヘルがあれば5店舗ほどの店長は年収が実際に1000万を超えられる。このくらいの感覚で捉えてもらって大丈夫です。

風俗業界は何かと偏見が強く敬遠されがちな業界ですが、「世間体なんて気にしない!世間体なんか気にして成功できるのか?」くらいに考えている男性にとって風俗業は一考の価値ありです。なぜなら、世間一般に年収1000万自体がとても高いハードルです。 学歴+いい所に就職+スムーズに出世してようやく到達できます。順調にいっても10年~20年かかるラインです。 しかし、一部の風俗店長ならこれを3年~5年で到達することができます。

収入を最優先に働くなら風俗はとても効率の良い選択です。

一般的な年収1,000万円以上の割合は

まず、日本で年収1,000万円以上もらえる人の割合です。男女あわせて、年収を1000万円以上もらえるのは「3.9%」です。男性の割合は、「6.2%」 女性の割合は「0.9%」

情報元は、こちら「統計元:国税庁 平成25年 民間給与実態統計調査結果」>> 

年収1,000万円以上稼いでいる男性は、「6.2%」で、人数にすると約170万人前後です。この6.2%の人達はどんな仕事をしているんでしょうか?

年収1000万円以上の人の職業

年収1000万円以上の人の職業
※こちらは、雑誌「週刊ダイヤモンド」に記載されていたのもを抜擢させて頂きました。

内閣総理大臣 4,165万円/ 1人
プロ野球選手 3,743万円/ 752人
国務大臣 3,041万円/ 17人 
事務次官 2,432万円/ 12人 
警視総監 2,295万円/ 1人 
国会議員 2,228万円/ 722人 
弁護士 2,101万円/ 2万人
知事 2,100万円/ 47人
開業医師 2,086万円/ 7万人
パイロット 1,713万円/ 2,920人
フジテレビ社員 1,567万円/ 1,367人
公認会計士 1,426万円/ 2万人
歯科医師 1,329万円/ 9万人
税理士 1,266万円/ 7万人
医師 1,227万円/ 26万人
大学教授 1,153万円/ 4万人
不動産鑑定士 1,020万円/ 6,696人
大学助教授 917万円/ 2万人 
司法書士 890万円/ 2万人
警察官 840万円/ 24万人
弁理士 827万円/ 6,040人
優良上場企業サラリーマン 808万円/ 97万人

国家公務員 628万円/ 111万人
上場企業サラリーマン 576万円/ 426万人

・・・いかがでしょうか?

どれもハードルが高そうだと私は感じます。自分が学生であればどれも将来の選択肢として考えられますが、既に社会に出ている場合は限りなく選べる選択肢は少なくなりますよね。一般的に年収1000万円以上はそれなりの大学を卒業して、それなりの職業について、それなりの出世コースを順調に歩んで初めて到達出来るものです。最初は大勢の男性がこのコースを目指す事でしょう。大勢のライバルと競争しながら。

そして、より高収入を稼ごうとするならそれに比例して”責任””役割”がより大きくなっていきます。もちろん、”お金”に価値を見出さない人もいれば、優先度が低い人だっているでしょう。そういった男性には、出世なんて言葉自体は無意味なものなのかもしれません。

しかし、そうでない男性からすると「なんとかして稼ぎたい!」と思っているはずです。今の環境で出世する道を選んだり、別の会社に転職を考えたり、起業する事を決意したりもするでしょう。

選択肢は大きく5つ

選択肢は大きく5つ
男性には大きく分けて、5つの選択肢があります。

  1. 今の職場で出世する
  2. より高収入を目指して転職する
  3. 独立して起業する
  4. 副業を始める
  5. 投資をする

選択肢が決まっているという事は、”どこ”で”どう行動するか”が何よりも重要という事です。

①今の職場で出世する

高収入とはある意味パイの奪い合いです。自分が働いている環境で、競争相手に勝てなければ奪われていきます。個人、企業、国と世の中はどこも競争だらけですよね。今の職場には出世争いをするライバルがいます。アナタと同じような過程を歩んできた競争相手がいます。

②より高収入を目指して転職する

転職先の職場にだって、競争相手はもちろん存在します。今よりも競争が楽になるかもしれませんし、まったく太刀打ち出来ない相手かもしれません。これは転職先に入社して分かることです。職場を変えることは新しい刺激になると共に、新しい環境に順応する必要もあり転職の成否は当然してみないと分かりません。

③独立して起業する

起業する場合は、3年以内に70%が倒産しているという事実をまずは乗り越えないといけません。現在の国内サービスは飽和状態にあるというのは各所で言われています。新しい何かというのは中々難しく、今までの仕事の延長上で何かをするか、大手がやっていないニッチ分野を1つ1つ取っていくかなど、そういった工夫する方向で議論される事が多いですね。 

④副業を始める

副業する場合は、知恵もしくは根気があれば上手くいくかもしれません。※ネット副業だけで言えば、20人に1人は、月に2万円以上稼げているというデータもあります。 つまり95%の人達は2万円も稼げていないという事になるので難易度はとても高いです。ただどの分野にも稼げている人はいるのでやり方次第でしょうか。

⑤投資をする

投資は、株式・FX・先物・国債など、たくさん種類がありますね。投資スタイルによってはいいのかもしれません。

年収800万円で、今後は出世の見込めない男性が、残りの200万円分をリスクの低い投資商品で補う。こういった形なら少なくともイメージ出来ない事はないと思います。 ただ、投資は基本的にお金を取り合う行為です。自分以外の参加者よりもすぐれていなければ勝ち続けることは出来ません。

どれもカンタンではない

それぞれ、簡易的に考えた範囲ですがどれもカンタンにはいきません。実際に、それぞれの選択肢を熟考していくとなかなか明確な結論を出しづらいものばかりです。ちょっとやってすぐ結果が出てという事例はネットに溢れていますが現実問題そうではないというのは誰でも分かる事だと思います。

ここで、記事タイトルにある「年収1000万円の仕事で最も難易度の低い仕事って風俗店長以外に考えられますか?」というのを再度投げかけさせて頂きます。

6つ目の選択肢

mikeiken_top_bnr

※当社オフィスの様子です。

  1. 電話対応
  2. WEB更新作業
  3. 女の子の管理
  4. ドライバー配車指示。

この4つの仕事が出来れば店長になれる。それが風俗業界です。

スタイルグループの場合は、電話対応もしくは女の子管理がしっかり出来れば店長になれる会社です。個人のパファーマンスを最大限発揮出来るようにポジションを調節しています。

早い方だと入社して半年~1年で店長になり年収1000万円を実現する事例もあります。大手優良企業で長年努力してやっとたどり着ける年収1000万円をわずか半年~1年で到達できる。全員がそうなれる訳ではありませんが、全国のデリヘル店長の5%は実際にこのくらいは稼げます。

例えばまだ20代前半の男性はまだまだ未来の可能性が大いにあるためイメージしずらいと思いますが、社会に出てごく普通に仕事をしていると年収1000万円というハードルがいかに高いものかを実感するはずです。ちなみに風俗業界と似た意味で偏見のイメージがあるキャバクラの店長職でさえ年収1000万円は非常に少数です。

※キャバクラ某大手グループの店長職の給与は、50万円+達成ボーナスが平均的です。(六本木エリアの高級店は除きます。) 目標に達成しなかった場合は、罰金があることも。

ライバル

風俗業界はある意味で「異常」なのかもしれません。異常な状況になっている一番の原因は業界への”強い偏見”です。業界への”偏見”により、一般の仕事をされている方からの転職人数が最も少ない業界の1つです。

その偏見を気にしない男性や高収入を実現できるなら努力するという男性からすれば、まさに出世レースにおけるブルー・オーシャンです。※ブルーオーシャンについては、こちらの記事でも書いています>>

出世レースにおけるブルー・オーシャンを要約すると、「普通に仕事をする男性が非常に少ない業界で、普通の事が出来る男性が入れば必然的に出世しますよ」という事です。シンプルで効率的ですよね。まさに必要最低限の事で、最大の効果を得る事に繋がります。この事を最も表現している事例が、「当社の創業4年目にして都内デリヘルランキング1位・2位の独占」ではないでしょうか。当社は、日本一真面目な風俗店というコンセプトを大々的に謳っており、実際にそう経営しております。

この業界での”真面目”とは普通の事をするだけなんです。普通に仕事をするだけでお客様やライバルの風俗店(デリヘル)からは”すごく真面目”と評価されます。しかしながら、この事に気がついている風俗店は非常に少なくそこで働く男性の意識にもそれが言えます。「真面目にやればカンタンに儲かる」話ではありません。 

「普通にやれば稼げる環境がまだまだ残っていますよ!という話です。

継続して頑張ればほとんど誰でも

pexels-photo-large

一般業種よりも年収1000万円稼げる!そのハードルが低いのは事実です。

ハードルが低いのに高収入
  • 主な業務は3~4つと少ない
  • 難しい業務は1つもない
  • 同じお店の中でライバルがほぼ存在しない

この3つの特徴は驚くべきポイントだと思います。

まず、主業務が3~4つと少ない点。電話対応、女の子管理、媒体更新、それから配車指示です。次にそれぞれが専門性を求められないもので、当たり前ですが学歴や経験は必要ありません。 やり方を覚えてしまえば誰でもこなせる業務です。 そして、同じ店内に出世争いをするライバルがほぼ存在しないということ。 

風俗は人に言えませんし、ずっとやるのも考えにくいかもしれませが、収入面重視で考えたらやはり良い選択肢なのではないでしょうか。本当に誰でもという訳ではありませんが頑張って継続して頑張ればほとんどの方が高収入を手にすることができます。