デリヘル店員の仕事は”キツイ”!? それは全くの嘘

デリヘル店員の仕事は"キツイ"!? それは全くの嘘

風俗店員という職業がここまで不人気なのは一体なぜなのでしょうか。

未経験&高収入系の仕事を探している方で風俗系にたどり着く方は実際には多いはずです。未経験&高収入系ワークを検索して上位に出てくる媒体の多くに風俗系または水商売系の仕事は掲載されています。給料はほとんど誰でも30万スタートで、学歴・経験などは問わないお店がほとんど。応募ボタンを押して一般常識を守った面接ができればすぐに高収入が手に入る業界です。

一瞬は興味を持つも、ネット検索で働く気を削がれてしまう風俗業界

しかし、風俗業界に興味を持ったものの、そこから少しネット検索で業界を調べてみるとマイナスな意見が多いことに気づくはずです。

・仕事がキツイ
・14~17労働
・体育会系で暴力がある
・怖い人が関わっている
・人に言えない仕事

ネットを検索するとこの他にも様々な情報を目にするはずです。しかし、それらは昔なら正しい情報だったかもしれませんが2020年現在では多くの情報は真実ではありません。デリヘルならデスクワークが中心で労働も12時間。体育会系でもなければ暴力もなく、怖い人が関わっていたのは遥か昔の話。今は暴力団排除条例もありお店側は今や怖い人達との関りはデメリットでしかありません。(利益提供などの関りが発覚した場合→懲役or罰金)

さて、キツイに関してですがよくイメージされるのは以下のようなものです。

風俗業界のキツイとは?

体力的にキツイ?

きつさはその人の感じ方によりますが、例えば一般のコンビニや肉体労働と比べてもキツイには該当しにくいはずです。ソープ・箱ヘルのような店舗型の風俗店の場合はプレイルームの清掃がありこちらは体を使っての業務になります。一方、デリヘルのような無店舗型の風俗店はプレイルームがなく清掃業務がありません。(事務所内の軽い清掃業務はあります)業務のほとんどがデスクワーク中心のため、体力的にキツイというのには該当しないでしょう。むしろデリヘルの場合は体力的には楽な部類にはいります。

労働時間

12時間労働が一般的です。店舗型、無店舗型のどちらでもこの労働時間になるお店が多いのが実際の所です。

休憩時間

休憩がしっかりあるお店、休憩という休憩がないが実質なくても体力的に問題がないお店があります。休憩があるお店は、12時間労働の中で30分~1時間休憩があります。休憩がないお店は、12時間労働の中でもお客様が来店するピーク時間帯以外は、あまりすることがないこともあり休憩がなくても実質は問題なかったりする場合がほとんどです。特にデリヘルの場合は鳴った電話は基本取り逃してはいけません。問い合わせが重なってしまうことも多く、なるべく電話をすぐに取れる場所にいることが必要です。そのため、一般的にイメージする休憩のように別の部屋や外で休憩というよりは事務所内であまりすることがない時間帯も割とあるので、しっかり休憩とうものが定められている事が少ない場合もあります。もちろん、トイレや食事を買いに外に出ることは全く問題ありません。

精神的にキツイ?

まず売上などの目標達成のプレッシャーはどこの会社へ行っても同じです。また、トラブル対応も大変で面倒ではありますが、日常的に発生しないのでこれも該当しずらいかと思います。風俗業特有のキツイでいうと、在籍女性とのコミュニケーションに関することかもしれません。

1.業務時間外の対応

在籍女性からの相談への対応。これは仕事やプライベートも含みますが、自分が寝ている時間帯に連絡がくることがあります。内容は緊急のものだったり、予約に関することだったり様々ですが、売上に影響する事柄もあるため起きてから対応とはいかない事もあり、ここに関してはキツイと感じる部分でしょう。

2.思ったようにいかない

例えば自分が関わっている女性だけ不思議と欠勤や遅刻が多い。言うことを中々聞いてくれないなど。自分のコミュニケーションに問題があるのかと思ってしまう事も起きます。もちろん、こういった事にならない人もいますのでこちらもその人次第です。

その他

世間からの見られ方もキツイと言える部分かもしれません。家族・友人・恋人に風俗店員をしていると堂々と言える方は少ないはずで、最初のそのことを変わっていて入社するも、しばらくの間この言いにくいを抱ええているうちにキツイと感じる人も少なからずいるかもしれません。

風俗業界は近年かなり変わってきています

スタイルグループで働いて5年以上が経過しますが、デリヘルの仕事は全くキツイ仕事ではないと言えます。風俗業界未経験の方は、ネット上で見かけたものだけで判断するのは危険です。 昔の知識や人から聞いた話や想像で書かれているものも多くあり、それらを鵜呑みにしてしまうだけでチャンスを逃してしまいます。 実際に現場で働いている人間からすると中々に適当な事が書かれているという印象です。

現在の風俗業界は一般以上に魅力的なお店が増えてきており、給与面以外でも多くのメリットやチャンスがあるからです。社保に入れるお店も5年は10%にも満たなかったですが、今は30-40%のお店で(大手中心)社保に加入できます。 また完全週休2日のお店も徐々に増えてきています(その分基本給はやや下がる) 1日12時間勤務がスタンダードな事は昔からそう変わってはいませんが、特にデリヘルの業務を考えれば業務内容は決してキツイものはなく、むしろコンビニのアルバイトよりも忙しくなく楽に感じることさえあります。 体力面・精神面で何をキツイと感じるかは個人差がありますが、今やデリヘルは一般の仕事と比較しても割のいい仕事とみることができる仕事です。

今も変わらず不人気な職業ですが、経済状況などによりこの先もしかしたら、徐々に人気が出てくる可能性もあるのではと私は少しだけ考えています。 楽というと誤解されてしまいますが、勤務時間と世間体以外は給与面を天秤にかければ一般業種合わせてもかなりいい仕事ではないかと感じるからです。

もしネットで風俗業界への悪い情報を見て辞めてしまう前に、まずは一度だけでも働いてみるのがおススメです。