The風俗店員が1人もいないスタイルグループ

これがThe風俗店員

  • 不良
  • 半グレ
  • アウトローな容姿
  • 長髪・染髪
  • スーツを着ても見える刺青
  • 態度が横柄で上から目線
  • 敬語・丁寧が使えない
  • 会社のお金に手を出す
  • 女の子に手を出す
  • 週に何回も遅刻する
  • 仕事上の最低限のルールを守れない
  • 挨拶ができない

などなど。他にもイメージするのもはあるかと思いますが、こういったイメージのいずれかを風俗店員に持っている人は少なくないと思います。

いわゆるThe風俗店員というものです。※容姿・髪についてはただの偏見ですがイメージはしやすいと思い例に出しました。

The風俗店員はお店のサービス低下に繋がる

昔ながらのTHE風俗店員がお店いるとお店全体のサービス低下に繋がります。

サービス低下→お客様からの信頼が落ちる→お店の売上が落ちる→スタッフのお給料も上がりにくい。

と負のスパイラルのキッカケになりかねない部分です。

会社のお金に手を出したり、お客様に敬語・丁寧語を使えないのはもちろん論外。女の子に手を出したりもダメです。一番の問題は仕事上の最低限のルールを守れないという点です。

例えばデリヘルの場合は

  • ・到着予定時間を事前にしっかり伝える
  • ・大前提として時間前に到着する(遅れる場合は連絡する)

この辺の認識が適当な場合は、5-10分くらい遅れてもいいでしょ。だったり遅れる連絡をしなかったりするようになります。1人がやってしまえば周りは注意します。注意もしますが何度もすることも手間ですし、こういった無駄はない方が好ましいです。2人いれば新しいスタッフがこのくらいの基準でいいのかな?と思ってしまうこともありますし、またその度に正さなくてはなりません。

その他にも

  • ・女性プロフィールを盛りすぎる~嘘をつく
  • ・女性画像が全くの別人

この辺もやってはいけない最低限のルールです。

常識的に考えてダメと思うだろう事でも仕事上でルールを設定しているお店は多く、昔ながらのよくある風俗店というのはこういったことが常だったからです。

スタイルグループの社員

上で説明したようなTHE風俗店員という方は1人もいないお店です。

当たり前のことを当たり前にする。

デリヘルの仕事はこれがとても大切なことで、意識してルールを設定していても実際問題は働く人によってはそのうち出来なくなってしまう部分だったりします。昔と比べて真面目に営業するお店がだいぶ増えましたが、まだまだ画像と全く違う女性が来たり到着予定時間になって遅れる連絡1つないお店もあります。一般の多くの会社では当たり前のことが当たり前にできないとすぐにクビになる所がほとんどです。一般の仕事ができなかった方が、風俗にくるというのは昔からよく言われていますが、実際に否定はできません。そして、そういった性質の方が多くいるお店では今も昔も変わらずの体質で仕事をしています。

ただ、これはお店の売上だけではなく、働くスタッフにも悪影響が出てしまう部分です。スタイルグループではTHE風俗店員という方を1人も採用しない方針をとっており、現在創業から10年以上が経過しますが、グループ全体では毎期売上を伸ばしていけています。もちろん今後もこの方針を続けていきます。

スタイルグループの一次面接

応募→すぐ面接ではなく、一度電話での一次選考をしております。電話の受け答えが一般常識の範囲内かどうか、敬語・丁寧語が使える方かどうか、突っ込んだことを質問されても喧嘩腰にならいかどうか。などです。

こういったことを一次面接で確認しております。

仕事をしていくうえで敬語・丁寧語を話せない場合は難しいですし気性面に問題がありそうな場合も難しく、一般の常識で考えてもどれも難しい基準ではないはずです。当グループではそういった部分でもTHE風俗店員がいないお店になります。

ちゃんとした会社で働きたい方には向いています。

スタイルグループは、風俗でもちゃんとした会社で働きたい方にとっては良い環境のはずです。

職場の人間関係を気にする方にとっては特に大事かもしれません。周りが当たり前のことを当たり前にするスタッフばかりですので、余計な部分を気にしたり変にストレスを受けることはないと思って頂いて大丈夫です。横柄な態度・上から目線の態度で接してくるスタッフもおらず、特に和気あいあいとしてアットホームでもありませんが、全員が仕事に集中している環境です。