便利な顧客管理システムがあるから、業務がスムーズです。 

顧客情報が自動で
↑ 画像のように、スタイルグループでは自前の顧客管理システムを導入しております。

・お客様からの電話と同時に、顧客情報がPC画面に表示されます。

・顧客情報を確認しながら対応出来るので、業務が非常にスムーズです。

システムを活用していないとこんな事が発生します。

電話回線と連動していないと、顧客情報をその都度パソコンに入力して、情報を引っ張らないといけません。

お客様の名前を入力して顧客情報を検索するお店なら、

同じ苗字の別のお客様だと思い込んで、

①住所を間違える

予約受付終了時に、「では、登録されている住所に伺いますね~。」と言って住所の確認をしないと、間違った場所に女の子が派遣される事になります。

予約時間に女の子が到着しない。

だけでなく、

女の子も貴重な1本を無駄にしますから、こんな事が続けばそれが退店理由になる可能性があります。

「ホントこの店のスタッフ使えないんだけど! もう別のお店にする~!」 ってなります。

②指名情報を間違える

過去の指名履歴によって、ある程度お客様の”好み”を把握する事が出来ます。

しかし、別のお客様の指名履歴を見ているなら、当然提案する内容も違ってきますよね。

巨乳好きな男性に、A~Cカップのスレンダー女性ばかり提案しても「検討はずれな事言ってんじゃねえよ!」って思われることに繋がります。

③キャストさんのNG指定エリアを間違える

キャストさんのバレ対策で、指定したエリアには送迎出来ない時があります。 

学校周辺だったり、職場周辺だったりです。

例えば、「かなさ~ん、出発です。 これから五反田に向かいますよ(^^)」

と言って、そこがNG指定だった場合は、

「先週そこはNGエリアに指定したんですけど、、、」って、キャストさんをとても困惑させる事に繋がります。

↑↑と、こんな事が発生します。

何気ないミスかもしれませんが、こういったミスが後々大きなことに繋がってくる事があります。

システムで管理されているから、凡ミスは心配しなくて大丈夫!

苗字の同じ別のお客様だと思い込むミスは、一見なさそうに思えますが、意外とやってしまいがち。

「さすがにそんな事ないでしょ~?」って思ってると思いますが、本当にあるんですよ(汗)

電話システムと顧客管理システムが連動していれば、こういたミスはまずありませんね。

例え、同姓同名で指名履歴が似ていても問題なく対応する事が出来ます。

まとめ

① 当グループは顧客管理システムを使っているからスムーズに仕事ができる

② 簡単な凡ミスを心配しなくていいから、ストレスが少ない

ま!何よりも楽だし、時間短縮になるから快適ですよね。

働くならこういった形でしっかりシステム管理されている会社にしてくださいね。