今、風俗店ではWEBデザイナーが求められています

今までよりWEBデザイナーが稼げる時代

デリヘルというのは基本WEBで女の子を集め、WEBで集客して成立しています。お店を運営する内勤社員もWEBでお店を知り応募してきます。当たり前ですが、接点のほとんどがWEB経由です。

その最初の接点になるWEBデザイナーの重要さが年々増しています。

数字はデザイン次第

営業用の媒体や求人用の媒体は、他のライバル店が多数ある中でいかに自店を目立たせ最終的なアクションに繋げるかを目指して制作します。

営業媒体は女の子次第でページの閲覧数、問い合わせ数は変わります。求人媒体はキャッチコピー次第でページの閲覧数、問い合わせ数は変わります。今回のデザインの反響、次回のデザインの反響をしっかり追いながら日々改善を重ねて数字を伸ばしていく事が求められます。

WEBデザイナーといっても仕事の幅は広い

実際に当社のWEBデザイナーがどんな業務をしているかというと、

・導線を意識したサイト構成とレイアウト作成
・ページのコンテンツ制作(HTML/CSSコーディング)
・SEOを考慮した記事のライティング
・媒体用のページデザイン
・マルチデバイス対応のサイト設計

などなど。
何かに特化してそれだけというよりは問い合わせという成果に向けて必要な事は幅広くこなしています。

つまり、経験が浅くてもスピート成長が可能という事です。

※その他
風俗業界にもアドネットワークがあり、そういった分野の業務を当社でなら経験する事が出来ます。

需要増加中の風俗店のWEBデザイナー

あらゆることがWEB中心で動いており、風俗店のWEBデザイナー需要は日々増しています。

主要な男性向けの風俗求人サイト4つです。

【フェニックスジョブ】
https://fenixjob.jp/

【メンズバニラ】
https://mens-qzin.jp/

【野郎ワーク】
https://yarowork.jp/

【俺の風】
https://www.oremichi.com/type-delvery-health.html

ざっと見て、「俺の方が反響良いバナー作れるぜ!」という方は、是非スタイルグループへご応募ください。 

また、風俗業界にはWEBに特化した人材が一般業種と比較して少ないこともあり、一般のWEB業界よりもスピード昇格スピード昇給が期待できる業界です。

一般業種よりも高収入を狙いやすい

 

【スタイルグループの場合】

月給30万円以上
※試用期間1ヶ月~6ヶ月/月給26万円

★能力に応じて試用期間は短縮します。
実力次第で高収入も可能です。

12:00~21:00(実働8時間)

初任給25万円+交通費
勤務時間:12時~21時 

経験がまだ浅い場合はここがスタートです。
(経験者の方は、実績などにより相談のうえ優遇致します)

まとめ

当社のWEBデザイナーはこなす業務が幅広い分、経験も積めます。
(経験が浅くても初任給25万円~)

現在、WEBデザイナーさんを3名ほど募集中です。