店舗型/受付型/無店舗型の違い

#

風俗店は、店舗型、受付型、無店舗型の3つに分類する事が出来ます。

店舗型の風俗店

実際に店舗がある風俗店の事です。繁華街などで看板を掲げて、その場所へお客様を呼び込んで商売をします。 店舗内で、お客様に接客し→遊ぶ女性が決まったら→店舗内にある部屋へお客様を案内します。

受付型の風俗店

受付のみを行うスペースがあり、そこでお客様へ対応をします。 基本的には看板などはかかげおりません。

繁華街でよく目にする無料案内所のイメージで問題ありません。

お客様に対面で接客し、遊ぶ女性が決まったら→近隣のラブホテルを案内します。先にお客様がホテルの部屋で待機し、後から女性が派遣されます。

無店舗型の風俗店

店舗も受付所も存在しません。 マンションの一室や雑居ビル内にオフィスを構えて、女性をお客様の自宅orホテルへ派遣して商売をします。

※スタイルグループは、無店舗型の風俗店として事業を展開しています。

電話でお客様へ接客し→遊ぶ女性が決まったら→お客様の指定する自宅orホテルへ女性を派遣します。

働く側から見た店舗型/受付型風俗店との違い

①デスクワークが基本(立ち仕事が無い)
②部屋の清掃業務がない
③呼び込み/ビラ配りなどの営業活動が一切ない

デスクワークが基本

デスクに座って、お客様の電話対応を行うことが主業務になりますので、立ち続ける仕事と違い体力的な疲れは少ないですが、その分太りやすい体質になる方もいます。

部屋の清掃業務がない

受付型と無店舗型の風俗店では、各部屋の清掃業務がありません。(部屋自体を所有しない為)

呼び込み/ビラ配りなどの営業活動が一切ない

デリヘルの集客方法は、ネットと口コミになりますのでマンパワーよりも知恵を使った仕事が求められます。

MENU

#
#
#
#
#