WEBスタッフインタビュー

#

フェアでフラットなWEB事業部

分業制のエンジニアではないから、細部までとことんこだわれます。少し良い方は悪いですが、部品みたいな働き方って好きじゃないんです。大きいところで、やっているエンジニアを見下すわけじゃないんですが、会社の規模が大きい所ってどうしてもそうなってしまいます。もちろん、その方が開発効率はいいんですけど私はそういう働き方にワクワクしないんです。

目的・コンセプト・細部まで全部関わっていたいんです。ここに来る前も色んな転職サイトを見てたくさんの会社を検討しました。求人広告には、「大きい仕事に関われる」「やりがい」「一緒に未来を」とか書いてあって、大きい会社になるほど、抽象的なメリットを書いている印象でした。

だったら、これから成長する会社に入って全部経験したいなって思ってスタイルグループに入社しました。それなりの会社に転職して、エンジニアして、しばらくしていわゆる上流工程なんて言われているものに関わるようになっていくと思うんですけど、それじゃ全然楽しくないです。

「大きい会社が言う上流工程」ってなんか凄い仕事のような雰囲気があるんですけど、やっていることって、下町の八百屋のWEBサイト作るのと大差はないって前から思ってました。少し生意気なもの言いですけど。

システムを作る目的があって、設計書を作って、将来の変化も見越して、要件を定義する。それで、実際にコードをガシガシ書いていくのが入社したてのエンジニア。

でも私は、コンセプトも決めたいし、設計書も作りたいし、コードも書きたい。だから、発足1年未満のWEB事業部に入社しました。銀行のシステムなんかみたいに、とてつもなく大きなシステム開発に関わる経験こそないですが、私は、書くだけの人ではなくて、売上を作れるエンジニアになりたい。だから、今の転職は大成功だと今のところは考えています。

コードを書くだけが仕事じゃない

それなりの会社に入って、エンジニアしてそれなりの規模のシステム開発に関わって、もちろん色んなコードの書き方も覚えますし、経験を積むとたくさんの事が出来るようになっていきます。それはそれでやりがいもありますし、給料もまあ上がります。楽しいは楽しいんですけど、どこかモヤモヤが残りますよね。

「大企業の大規模システムに関われる」こんな魅力よりも、「0から1を作る経験が出来る」の方が、私には20倍魅力的です。だって、この力が身に付けば1人で生きていけますもんね。極論ですが。

キャンピングカーで生活しながら、日本一周をするのが私の夢なんですが、1番の近道だと思っています。今は、WEB事業部の新しい取り組みにとてもワクワクしています。0から1にする事を復数やっていますが、自分のパフォーマンスをどれだけ発揮出来るかとても楽しみです。

失敗するものもあるでしょうが、それはそれで自分の今の能力をしっかりと認識出来る機会にもなります。1は1でしかありませんからね。自分で自分の事を仕事出来るって思いたくても結果がそうじゃなかったらやはり色々と考えなおさなくてはいけない。そういった意味でも今のWEB事業部は非常に勉強になります。

売上を作れるシステムやサービスの仕組みを考えて、実際にコードを書いて作って、それが社会の役に立っていく。色んなアイデアを思いつく人は世の中に沢山いますが、実際にコードも書ける人って少数です。私は、そういうエンジニアになりたいと思っています。

どこまでもフラット

スタイルグループ自体が、とても合理性を追求している企業でした。別ビルのWEB事業部にもその文化はもちろんあって、とにかく無駄な社風がないことが仕事のやりやすさに繋がっていますね。入ったばかりの私の意見でもちゃんと検討してくれる。スタイルグループに入って最初に感動した事です。

年齢、役職、経験は関係なく、売上に貢献する為の意見は賞賛されます。社長が「新しいWEBサイトはこんな方針で行こう」と言っても「ちょっと、微妙かもしれません」と平気で言うWEBスタッフもいました。そのWEBスタッフもちゃんとダメな理由を、根拠を持って説明していたりしていて感心しましたね。(偉そうですみません。)

今やそれが日常風景です。普通の会社だったら、内心ダメかもしれないと思っていてもYESと言うんじゃないですかね。微妙だと思った意見に対して、反論出来る文化は私にとって重要です。そうでないと何も進歩しませんし、企業にとってそんな文化は癌でしかないですからね。

発足してまだ半年ちょっと。まだヨチヨチ歩きのWEB事業部ですが、新しい取り組みにもどんどん着手しています。「0から1」を経験する事にワクワクするエンジニアには、とてもやりがいのある環境です。

MENU

#
#
#
#
#