マネージャーインタビュー

#

ちゃんと耳を傾ける。最適な解は自然と見えてくる

私のマネージャーとしての仕事は、部下と女の子を変える事です。 女の子の場合は、何もしないで売れる様になれる子はほとんどいないので、どうやったら売れるようになれるのかを一緒に話し合いながら最も成果が出そうな答えを見つけていきます。

前職は、大手の賃貸不動産会社に努めていました。業界経験や知識はゼロの状態でしたが、学生時代にキャバクラでキャストのマネジメント経験がありましたのでデリヘルでもそれが活かせると考えていました。

そう考えて、実際に仕事を始めてみると上司のやり方に若干疑問を持つ事が少なからずありました。自分なりに、こうしたらもっと成果が出るだろうという考えがありました。ある程度、仕事を覚えたら自分流のやり方に切り替えて結果を出そうと考えていたんです。

しかし、結果はそれほど上手くいきませんでした。自己流でやってはみましたが、うだつの上がらない結果ばかりでした。2ヶ月間くらいですかね。ずっと落ち込んでいました。

落ち込んでいる自分と比較して、上司は順調にマネジメントしている女の子の成績を上げていきました。 ある程度成果が出る方法(ノウハウ)というのは、社内に蓄積されているので上司に教えてもらった通りにやっていればそれなりの成果は出ます。

最初は無視していましたが「ここは、数字に素直になろう」と思い、全部教えられた通りにやりました。 自分にピントを当てるんではなくて、上司・会社に合わせるようにしました。

絵に書いた様な話ですが、それからは順調に結果が出るようになりました。今思えばそれも当然かもしれません。創業4年目でここまで急成長している会社が蓄積してきたノウハウに、入社4ヶ月目の自分が挑んでも結果は目に見えていました。

スタイルグループの場合、過去4年の営業で成果の出た施策や指導方法をノウハウとして蓄積し、だれがやっても同じ水準の仕事が出来るようにフォーマット化を行っています。

過去の実績を上回る成果を出そうとするならば、自分なりの工夫がどうしても必要になってきます。私の場合はここで壁に当たりました。何も知らない状態で、いきなり壁を越えようとした為に挫折を経験しました。ただ、無駄にはなっていないと思っています。

数字に素直になる

「数字に素直になる」これが、スタイルグループに入社してから4ヶ月間での1番の学びです。 ここの会社の人は、ビックリするくらい曖昧な決断をしません。その場の”ノリ”や”なんとなく”という空気感で決断しないんです。

こうやって文章で書くと低レベルな事かもしれませんが、前の会社でも意思決定の30%は、なんとなくが多かったです。数字に素直になってからは、仕事上で考える時間が大幅に短縮されました。数字を基準にするので、自分の”変な考え方”や無駄に悩む時間が無くなりました。これは憶測になりますが、同業他店で同じくらいの基準で仕事をしている所って本当に少ないんじゃなかと感じています。

自己課題を見つけて挑戦

会社のノウハウに沿って、普通に仕事をしているだけで結果はついてきますし、このまま順調に行けば半年以内に店長になれるとも言われていますが、自分自身それではまだ納得出来ません。

どうせやるなら誰よりも結果を出し、会社の基準を自分で作り替えられるくらいになりたいと思っています。最近個人的に始めているのが、自分の担当している女の子の常連さんの顧客ノートを取っている事です。

本来女の子自身が管理するものなのですが、私の方で管理をして例えば常連さんの誕生日だったり、女の子と初めて会った日などに、こちらからアプローチする方法です。常連さんが10人以上いる女の子だとその事を忘れてしまっていたり、0時のタイミングでちょうど別のお客さんと接客中だったりする時もあります。 誕生日メールを予約送信したり、今までの会話内容をちゃんと管理しておいて、適切なタイミングで効果的な会話が出来るようになればリピート率は間違いなく上がると考えています。

ただ、社員がこの管理をしていて人件費に見合うのか(他にもっと費用対効果のいい仕事内容があるんじゃないのか)というのがあります。採算が合わなければ、もちろんこの案はボツになるのでそれをどうやってもっと効率化かつ効果的に出来るかが今の課題です。 

スタイルグループという会社自体が、風俗業界のデファクトスタンダードを目指していますが、私個人の2015年は社内でのデファクトスタンダードを目指して邁進したいと思っています。 これを実現出来たら、女の子個人の成績も上がり自分自身の成長も実感出来ると思うと非常にやりがいのある仕事です。

MENU

#
#
#
#
#