風俗の面接に受かるコツ!時間を無駄にしない為のカンニングペーパーです【男性向け】

カンニング

風俗店の面接で採用されるためのコツをお伝えします。

当社に限らず多くの風俗店で通用するので是非覚えておいて下さい。

①一般常識の範囲内で受け答えをすること

②志望動機は必ず用意すること

③前職の退職理由をしっかり整理すること

この3つがしっかりしていればほとんどの風俗店で採用されます。

上の3つに加えて、「マジメな人」という印象が相手に伝われば更にポイントアップですよ。

風俗の面接で大切な事はこの3つ

①一般常識の範囲内で受け答えすること

敬語を使い、上から目線にならずに、丁寧な姿勢で面接に望みましょう。

採用する側の風俗店も同様に敬語を使い、上から目線にならずに丁寧な姿勢で面接に望みます。

面接の場では、どちらかが上という事はありえません。 お互いに対等な立場で双方が評価し合います。

②志望動機は必ず用意すること

必ず志望動機を聞かれます。

・なぜ、風俗業界で働こうと思ったんですか?
・数ある風俗店の中で、なぜうちのお店を選んだんですか?

カンタン言えばこの2つを質問されます。

以下はNG例です。

・家から近かったので

→どこでも良かったという印象を与えます。

・ちょっと興味があったので

→興味が無くなったら? イメージと違う仕事だったらすぐに辞めるのかと考えてしまいます。

・他の業種で独立したい

→他の業種で頑張った方が普通は近道のはずです。わざわざ遠回りする理由が必要になります。

一般の会社でもそうですが、「なぜその会社なのか?」という理由は必ず聞かれます。

ここをある程度用意しておく事は、ある意味お作法の1つでもありますので、是非用意するようにしましょう。

③前職の退職理由をしっかり整理すること

・やってみたらイメージと違った

この業界でも同じように思って辞めるかもしれませんね。

・労働時間が長かった(残業など)

風俗店の多くは12時間以上労働します。

・上司と仕事のやり方が合わなかった

100%自分のやり方で仕事をするには、独立するしか方法はありません。

・同僚とソリが合わなかった

人間関係の問題ですので、例外なくどこの会社でも発生する事ですね。

・給料が低かった

会社側が嘘を付いていたなら辞めた理由としては自然ですね。 成果を出さなかった&もともとお給料が上がらない仕組みだったのなら話は変わってきます。

・求めていた仕事と違った

個人の適正により振られる仕事が変わる事は多くの会社で起こります。

↑こういった退職理由を言った瞬間に多くの面接官は疑問を持ちます。

イメージが違った、労働時間が長なったという退職理由は前職の会社が嘘をついていたという場合を除いて、ほとんどの場合マイナス評価になります。

※前職の会社が嘘をついていた場合は話が変わってきますので、もしも上の理由を言うのであればそれもしっかりと説明しましょう。

 普通の人と真面目な人は重宝されるのが風俗業界

このブログでは何度も記事にしていますが、風俗業界は不真面目な男性が非常に多いです。ですから、普通の人や真面目な人はとても重宝されます。

それは、当社に限らず他の風俗店でも一緒です。 

上の章で説明した事は、いわば一般常識ですからカンニングペーパーと呼ぶ価値はないかもしれません。それくらいに難易度の低い事ですから。

逆に言えば、上の3つがしっかり出来れば99%面接に通過すると思います。

※他社さんの面接事情にそこまで精通していませんので、「思います」という言い方です。